【究極の太る方法】太れない体質を克服し手取り早く体重を増やすためにすべきこと

 

痩せすぎでガリガリな体型にコンプレックスを抱えている人は多いはず。

 

『太りたくて食べてるのに太れない!』

『ガリガリを改善して太りたい!』

『どうやったら太れるのか太る方法が知りたい!』

 

こんな太れない悩みを抱えたことはありませんか?

 

 

 

 

これらの悩みを解決するためには、そもそも太れない原因は何なのか?その根本部分を理解することが大切になってきます。

 

多くの人はがむしゃらに食べて食べて太ろうとしますがうまくいかないことも多いのです。なぜなら、生まれつき痩せ型の人が太れない原因は栄養の吸収力が低いことが根本的な原因だから。

 

逆に痩せたい肥満体型の人は単純に食べなければ痩せることができますが、太れない体質の人は食べる量を増やしてもそれを吸収をする力が弱いので、太ることは難しいのです。

 

 

 

 

太れない原因はなに?胃下垂かもしくは・・・

 

栄養の吸収率が悪い

冒頭で申し上げた通り太れない最大の理由は栄養の吸収力が弱いから。

 

50キロ食べようと、100キロ食べようと30キロ分しか吸収できない状態であれば、太れないのは当たり前です。

 

その他の原因も考えられますが、食べても太れない人はまず吸収力が上がるように改善しましょう。

 

 

 

 

その他痩せている原因としてあげられるのは、

 

・胃腸が弱いこと

・病気

・実はカロリーが足りていない

・デブ菌が少なく痩せ菌が多い

 

などがあります。

 

 

 

 

1、胃腸が弱い

 

まず単純に胃腸が悪いこと。例えば、食べるとすぐに下痢になる方ですと、栄養が吸収されにくい状態にあると言えます。

 

 

 

 

2、病気

 

例えば、過敏性腸症候群は炭水化物などに含まれるFODMAPという糖質を吸収できない腸内細菌の特徴を持っています。本来、糖質は消化酵素で分解されて小腸で吸収されます。

 

しかし、過敏性腸症候群の人の場合小腸で吸収されづらいため、小腸から大腸までそのまま到達して、大腸で異常発酵を起こすことで、水素ガスが発生し、腸の働きを悪くします。

 

 

 

 

3、実はカロリーが足りていない

 

実は食べているつもりでも、十分なカロリーを摂取できていない可能性があります。

 

基礎代謝計算サイトなどで自分が1日にどの程度のカロリーを摂取しなければいけないか確認して、今自分が食べているものがどのくらいカロリーのある食事なのか確認することが重要です。

 

 

 

 

4、デブ菌が少なく痩せ菌が多い

 

デブ菌は『世界一受けたい授業』などでも取り上げられていて、大きな反響を呼びました。デブ菌も痩せ菌も腸内に存在する細菌のことです。

 

デブ菌は、消化されたものを体内に溜め込む『ファーミキューテス』のことで、痩せ菌は『バクテロイーテテス』のことをさしています。

 

このデブ菌と痩せ菌の理想的な比率は『4対6』です。例えばこの比率が崩れてデブ菌の方が多くなると、太りやすく痩せにくい体になります。

 

 

 

 

 

 

胃下垂が痩せ型になりがちな理由

胃下垂の人が痩せがちな理由にも、この栄養吸収力が関係しています。

 

栄養の吸収は、主に小腸で分解された食べ物から栄養分が吸収されます。

 

下の画像を見てもらうとわかると思うのですが、胃下垂(内臓下垂)の状態は内臓が正常な位置をたもてず下に垂れ下がっている状態で、小腸を圧迫してしまっています。

 

 

 

 

 

これにより栄養の吸収を妨げているため、胃下垂は痩せてしまう原因と言われているわけです。

 

厳密に言うと、胃下垂が太りにくいとされているのは胃が下に下がることによって、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が低下するからです。

 

これによって食べた物の消化がきちんと行えなくなり、結果として栄養を十分に吸収できないためだと言われています。

 

 

 

 

太れない人が太る方法は?

さて、ここまで太れない原因についてお話をしてきましたが、ここからはいよいよ太るための具体的な方法について解説していきます。

 

先ほども話したように、太りたいのであれば食べたら食べた分だけちゃんと栄養を吸収してくれる体質に変えることが重要になってきます。

 

栄養の吸収力をあげて太るために有効な方法は以下の9つです。

 

【太るための9つの施策】

・規則正しく食事をとること

・ストレスを溜めないこと

・食物酵素を摂取すること

・姿勢(胃下垂)を改善すること

・筋トレをすること

・バランスの良い食事をすること

・プロテインを摂取すること

・栄養の吸収率をあげること。

 

 

 

 

規則正しく食事をとること

まず、基本的なことですが太るためには規則正しい食事をとることが必要不可欠です。食べたり食べなかったりと不規則な状態だと、食欲がわかない原因となります。

 

太るためには摂取カロリーを増やすことが基本なのですが、『食欲がわかない』『食べたくない』など、食欲の減退した状態では食事量が減りやすくなるので、摂取カロリーを増やすことができません。

 

 

 

 

食欲を高めるためには、空腹ホルモンの分泌を促す必要があります。

 

空腹ホルモンが分泌されることで、食欲を高めることができ、空腹を強く感じて、食事量も自然と増えるので、太る方法としては最初に取り組みたいものです。

 

 

 

 

そして、空腹ホルモンを分泌させるためには、1日3食ある程度決まった時間に食べて規則正しい食事をすることが効果的。

 

というのも、空腹ホルモンの分泌を促すためには、お腹が空いた状態で食事をとることが必要だからです。

 

 

 

 

太りたいからといって、1日に5食食べたりするのは逆効果だと言うこと。

 

空腹状態ではないのに、やたらめったら胃に詰め込んでも消化吸収率が高まらないので、食べたものがうまく吸収されずに排泄されますから、太れない結果になる場合が多いです。

 

 

 

 

ストレスを貯めないこと

太りたいのであれば、ストレスを溜めないことも大切です。

 

理由としては、ストレスがたまると自律神経のバランスを崩すことがあるからです。

 

自律神経とは、内臓や脳などをコントロールしている交感神経と副交換神経のことです。

 

 

 

 

この自律神経のバランスが崩れると、体や心の不調を招くことがあり、胃腸のトラブルや食欲不振に陥るので、太れない原因となります。

 

胃腸の働きとストレスには密接な関係があります。人はストレスを感じると交感神経が優位になるのですが、腸の蠕動運動を支配しているのは副交感神経なのです。

 

 

 

 

つまり、ストレスがたまると腸の動きが鈍くなって、便秘などを引き起こします。また、神経性の下痢もストレスが原因です。

 

このように、ストレスを貯めると腸の働きが弱くなり便秘や下痢の原因となり、消化吸収力が落ちてしまいますので、太るためにはストレスをなるべく溜めないようにするのが理想なのです。

 

 

 

 

 

食物酵素を摂取すること

次に太る方法として効果的なのが、食物酵素を摂取すること。

 

食物酵素とは、食べ物の中に含まれている酵素のことで、消化、吸収、代謝、運動、排泄など体の色んな働きを担っているタンパク質です。

 

この食物酵素は、消化吸収を助ける効果があるので、栄養の吸収率が高まるので太るためには有効です。

 

 

 

 

この記事の最初に申し上げた通り、ガリガリで太れない人の多くは、消化吸収率が悪いことがほとんど。

 

食べ物から食物酵素を摂取することで、消化酵素を活性化することができ、消化・吸収を促進することに繋がるのです。

 

 

 

姿勢を改善すること

太りたいのであれば、姿勢を改善することも大切です。なぜなら、姿勢が悪くなると胃腸の調子も悪くなるからです。

 

現にガリガリやヒョロヒョロの人って、だいたい猫背とか姿勢が悪いイメージがありませんか?

(↑アンガールズの山根さん)

 

 

どういうことかというと・・・・

 

 

 

 

長期間姿勢が悪い状態で生活をしていると、骨格が歪んできます。

 

骨格が歪むと体のバランスが崩れて体の各所に変な圧力が加わって、体のバランスが崩れます。

 

こうなってくると、血液やリンパの流れを悪化させ、結果として自律神経を乱します。自律神経が乱れると胃腸が悪くなることは先ほど説明した通りですね。

 

このような理由で、太りたいのであれば正しい姿勢を心がけることが効果的なのです。

 

 

 

 

 

筋トレをすること

ガリガリ体型に悩む人の中には、ただ脂肪をつけて太るのではなく筋肉をつけて美しく太りたい人も多いのではないでしょうか。

 

そういう人は筋トレをすることが必要不可欠です。

 

 

 

 

筋トレをすることで筋力や筋肉量を増加させることができるので、食欲を高めることができ、胃腸の調子を改善して、脂肪がつきやすくなる体を作る効果が期待できます。

 

そして、体を大きくしたり、体重を増やしたい目的でトレーニングを行うのであれば、”速筋”を鍛えるべき。

 

 

 

 

筋肉には2種類あって、1つは”速筋”これは瞬発的な力を発揮する大きな筋肉のこと。

 

もう一つは”遅筋”といって、持久的な力を発揮する筋肉でマラソン選手などを見てわかる通り、細い筋肉になります。体を引き締めたいなら、こちらを鍛えるのがオススメ。

 

速筋の鍛え方としては、高強度で短時間のトレーニングを行うのが効果的です。目安としては、10回ギリギリあげれる重さで、10回×3セットを行うといいでしょう。

 

 

 

 

筋トレをした後は、2日ほど鍛えた部位を休息させて十分に筋肉を修復させる期間を設けることが大切です。

 

そして、傷ついた筋肉を体がより太く再生するためには栄養が必要となります。

 

筋トレをした際は、筋肉の材料となるタンパク質をプロテインで摂取しつつ、日頃の食事では高タンパクで消化吸収性がよくて、糖質(同化作用=筋肉を作るスイッチ)と酵素を含んだ食事を心がけましょう。

 

 

 

 

 

バランスの良い食事をすること

太りたいのであれば、栄養バランスに気をつけるのは基本です。

 

これは太るのと逆のダイエットでもよく言われたりしますが、太るのも痩せるのも根本的な土台となる部分は一緒です。

 

体の状態を整えることで、自分が思った通りに体型をコントロールすることができるようになるのです。

 

 

 

 

加工品やジャンクフード、お菓子などの栄養価が偏る食事をしていると、細胞に栄養が行き渡りずらくなり体が不調になります。結果として消化吸収力も下がるというわけです。

 

こうなってくると、健康的に太ることはできません。バランスよく摂取して毎日の食生活を充実させることで、体が理想的な状態を保つことができるのです。

 

太るために必要な栄養素については、以下で詳しく解説します。

 

 

 

 

太るために必要な栄養素について

 

基本的な栄養素としては、5大栄養素と呼ばれる5つの栄養素があり、糖質、脂質、タンパク質、ビタミンとミネラル、食物繊維のことを指しています。

 

これらにはそれぞれ太るために重要な役割があり、毎日の食事でバランスよく摂取することが太るために必要不可欠です。

 

ここでは、それぞれの栄養素の太る役割について見ていきます。

 

 

 

 

糖質

まず糖質です。

これは太るために絶対に欠かせない栄養素になります。

 

糖質は、体内で消化酵素により分解されるとブドウ糖が生成されるのですが、このブドウ糖は太るための3つの大きな役割があります。

 

1、脂肪の原料となる

2、エネルギー源になる

3、同化作用のスイッチになる

 

 

 

 

 

1、脂肪の原料となる

 

まず、ブドウ糖は脂肪の原料となります。

糖質を分解された肝臓の働きによって、ブドウ糖から中性脂肪の合成がなされます。

 

 

 

 

2、エネルギー源になる

 

次に糖質は、体のエネルギー源になります。

このエネルギー源が不足すると、人の体は筋肉や脂肪を分解することで、不足しているエネルギーを補おうとします。

 

食べないと痩せるのはこのためなのですが、太りたい人はもちろんのことボディービルなどで体を大きくしたい人は筋肉がやせ細らないように大量の糖質を摂取します。

 

体が欲しているエネルギーを十分に摂取することを心がけるようにしましょう。

 

 

 

 

3、同化作用のスイッチになる

 

最後に、糖質(ブドウ糖)は同化作用のスイッチになります。同化作用と言うとあまり聞きなれないかもしれませんので、詳しく説明していきます。

 

そもそも食べたものが体に吸収されること太るプロセスというのは、

 

食べ物が消化される→血液中に栄養が送られる→血液から細胞に受け渡される

 

というものです。

 

 

 

 

血液中にブドウ糖が存在していると、膵臓がインスリンというホルモンが分泌されます。

 

実は、ブドウ糖が血液中に存在していると、膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。インスリンは、ざっくり言うと、血液中の栄養素を細胞に取り込ませる役割を持ったホルモンです。

 

ブドウ糖が血液中にあるとインスリンが分泌されるので、ブドウ糖は肉体肥大のトリガーだと言えます。

 

 

 

 

ちなみに、糖尿病になると毎日インスリンを打ちます。

 

糖尿病はインスリンがうまく分泌されないので、糖分が血液中に滞在したままとなり、血糖が一定の値を超えて高い状態が続きます(高血糖)。

 

この状態を糖尿病といいます。

 

 

 

 

ビタミンとミネラル

ビタミンとミネラルも太るために重要な役割を担っている栄養素です。

 

ビタミンとミネラルは体内の酵素をサポートする”補酵素”としての役割を担っていて、体内の消化酵素や代謝酵素の働きを促進させ、消化や代謝をサポートする役割を担っているわけです。

 

 

 

 

食物繊維

3つめは食物繊維です。こちらも太る方法として重要な役割を担っています。

 

食物繊維は腸の調子を整えるのと、腸を綺麗にして腸での栄養吸収を高める効果があります。太れない人は、胃腸が弱く下痢や便秘になりがちなので、食物繊維をとることで腸の調子を整えることは大切です。

 

 

 

 

 

脂質

4つめは脂質です。

脂質は太るためにもっとも重要な栄養素と言っても過言ではありません。

 

痩せ型の人が付けたいプニプニの脂肪は、脂肪細胞が集まった組織ですので、太るためには脂肪細胞を大きくすれば良いわけです。

 

脂肪細胞を大きくするには、小さな脂肪分子が脂肪細胞内に蓄積される必要があります。(脂肪分子とは一般的に中性脂肪と呼ばれるものです。)

 

 

 

 

つまり、よりたくさんの中性脂肪を脂肪細胞に蓄積すれば太ることができるというわけです。で、この中性脂肪の原料となるのが脂質です。

 

「太る=脂肪を付けたい」ということであれば、脂質は太るために欠かせない栄養素だと言えます。

 

 

 

 

タンパク質

最後はタンパク質です。

これも脂質と同様に、太るために欠かせない重要な栄養素です。

 

タンパク質は摂取すると、体の中で「アミノ酸」に分解されます。このアミノ酸は、臓器や皮膚、筋肉、髪や爪など体の中の組織の材料となるものです。

 

 

 

 

アミノ酸はいくつか種類がありまして、全種類を合わせると数百種類になります。

 

ですが、びっくりしないでください。

その中で体内のタンパク質を構成する上で重要な役割を持つアミノ酸の数は20種類です。

 

アミノ酸は、全種類を合わせると数百種類にものぼりますが、その中でも体内のタンパク質を構成する上で重要な役割を持つアミノ酸は20種類。

 

 

 

 

これらを必須アミノ酸といいます。この必須アミノ酸20種類の中で、人間の体の中で作り出すことのできないアミノ酸の数は9種類。

 

これらのアミノ酸は食品からの補給が不可欠です。

 

アミノ酸は、体の組織を再合成するために毎日消費されているわけですが、体内で作り出せない9種の必須アミノ酸に関しては、特に不足しやすいので、積極的に摂取することが不可欠です。

 

 

 

 

また、アミノ酸は酵素(消化酵素)を構成する役割も担っているので、太りたい人にとって大切な胃腸での食べ物の分解と消化機能などを成長に保てなくなります。

 

結果として消化吸収力そのものが低下して、太りづらくなったり代謝が落ちて食欲が減退することにつながり、太れなくなってしまうと言うわけです。

 

 

 

 

 

究極の太る方法はプロテインの摂取と栄養吸収率を上げること

 

 

プロテインを摂取すること

太る方法としてプロテインの摂取は絶対にオススメ。究極の太る方法と言っても過言ではないでしょう。

 

太るためにはアミノ酸を摂取することが重要なのですが、プロテインを飲むことでアミノ酸(タンパク質)を効率よく摂取することができます。

 

先ほども説明した通り、タンパク質は5大栄養素の中で最も不足しやすいので、簡単に補えるプロテインを飲むのは体に必要な栄養を補給する上で助かりますし、特に太りたい人には欠かせないものです。

 

 

 

 

しかし、いきなりプロテインが良いと言われても星の数ほど商品の種類がありますので、選ぶのが難しいと思います。

 

太りたい方向けのプロテインの選び方としては、3つのポイントがあります。

 

まず、吸収速度が早く胃腸の負担が少ないホエイプロテイン。プロテインは大きく3つの種類があり、『ホエイ』『ガゼイ』『ソイ』というふうにわかれています。

 

この中でホエイプロテインは飲んでからの吸収速度が最も早いので、特に太りたい人や筋トレをしている人は筋トレ後に飲むプロテインとしてオススメ。

 

 

 

 

 

ただ、ホエイプロテインの原料は牛乳になりますので、牛乳を飲むとお腹を下す人は体に合わない可能性があります。ちなみに私もそうです。

 

そういう場合は、WPI製法で作られたプロテインがオススメ。WPIとはプロテインの製法の1種で、目的としてはタンパク質の純度を高くするためなのですが、その過程でお腹を下す原因である”乳糖”も取り除かれるから牛乳がダメな人は試してみる価値があります。

 

そのほかのポイントとしては、栄養吸収のスイッチとなる糖質を含んでいることと、栄養の消化吸収を助けてくれるビタミン、ミネラルが含まれていることがプロテインを選ぶポイントとしてあげられます。

 

 

 

 

栄養の吸収率をあげること

最後に、栄養の吸収率を上げること。これが、太る上では肝になってきます。

 

冒頭で書きましたが、食べても食べても太れない原因の根本は、栄養の消化力と吸収力が低いからです。

 

今回の記事では、太るために摂取すべき栄養素などをあげたり、ストレスをためないことや姿勢を改善することなど様々な解決策を書いてきました。

 

 

 

 

しかし、せっかく栄養を摂取したとしても吸収がされなければ意味をなしません。

 

そして、ストレスをためなことや姿勢を改善することなど、この記事で述べてきたことは全て胃腸の調子を整えて消化吸収力を上げるためのもの。

 

胃腸が正常に働いて消化吸収力が高い状態を作って、栄養バランスの良い食事を心がければ特殊なことをしなくても太れるのです。

 

 

 

 

簡単に消化力と吸収力を高めるためには、この記事で書いてきた内容を実践することはもちろんのことですが、太る専用のサプリを活用するべきです。

 

なぜなら、太れない根本的な原因でご紹介した胃腸の弱さ=消化吸収力さをサプリが簡単に補ってくれるから。

 

 

 

最新の太るサプリの中には、皆さんのようにガリガリ体型に悩んでいた状態からわずか半年で、12キロの増量の成功に導いたものもあります。

 

世の中に多く出回っている「太るサプリ」の中から、楽に太れるサプリを厳選して紹介しているので、本気で太りたい方はクリックして内容を確認してみてください。

 

→【2019最新版】簡単に太れるサプリランキング4選!

 

まとめ

いかがでしたか?

それでは今日の内容のまとめに入ります。

 

食べても食べても太れない原因は、栄養の吸収力が低いことが根本的な原因。

これを改善するために必要なことは以下の9つの施策を実行することが効果的。

 

【太るための9つの施策】

・規則正しく食事をとること

・ストレスを溜めないこと

・食物酵素を摂取すること

・姿勢(胃下垂)を改善すること

・筋トレをすること

・バランスの良い食事をすること

・プロテインを摂取すること

・栄養の吸収率をあげること

 

ということで今日の内容はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

↓簡単に太れるサプリはこちら!

プルエル

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加