【太る方法】 痩せすぎ中学生男子が体重を増やすには?

 

TAKAHASHI
TAKAHASHI

こんにちは!

TAKAHASHIです!

 

この記事では、中学生男子で痩せすぎに悩んでいる方に向けて、中学生男子が体重を増やすにはどうすればよいか、中学生が太る方法をご紹介していきます。

 

私も、中学生まではかなりのガリガリでした。

 

数字でいうと、身長が180cm前後なのに対して、体重が50kgぐらいしかなかったのです。

 

これがどのくらいガリガリかというと、芸人さんのアンガールズ山根さんが180cmで50kgらしいので、あのくらいを想像していただければわかりやすいかと思います。

 

(画像出典:instagram.com)

 

 

そのうえ頭のサイズだけ大きかったので『マッチ棒』というあだ名がついておりました。w

 

そんな私も、高校生に入ってから筋トレを始めたことをきっかけに、筋肉をもりもり付けるべく、太る(体重を増やす)方法を実践しました。

 

今では身長184cm体重約85kgの体型を作ることができました。芸能人でいうとレオナルド・ディカプリオさんが183cmで80kgらしいので、だいたいそのくらいです。

 

画像の出典:www.fanforum.com

 

(あ、でも顔はイケメンにはなっていません。w)

 

 

まあでも、中学生の時から身長は4cmしか伸びてないので、体重だけ見ると35キロ増量できているわけですよ。

 

ということで、今日は昔の私と同じようにガリガリで悩む人中学生男子のために、痩せすぎになっている原因と、太る方法を私なりに解説していきたいと思います。

 

 

まず、中学生で痩せすぎている人のために、その理由を説明します。

 

中学生が痩せている理由としては、まず若いので基礎代謝量が多く、食べて摂取したエネルギーよりも消費されるエネルギーの方が多いということ。

 

 

 

 

基礎代謝というのは、人間が普通に生活していて内臓を動かしたり、体温を維持するために使われるエネルギーのことをさします。

 

基礎代謝量が多いと、何もせずに普通に生活していてもエネルギーが消費されていくので、食っても食ってもガリガリのままということなんです。

 

 

 

 

逆を考えてみると、おじさんやおばさんになればなるほど、基礎代謝は下がっていくので、太りやすい傾向にあります。

 

つまり、おじさんやおばさんはお腹がぽっこりしている小太りの人が多い傾向あるのも、中学生が痩せている傾向にあるのも、同じ理由で説明がつくわけです。

 

まあ、だから言ってしまえば痩せすぎているのは、健康であり、若い証拠でもあるというわけなんですよ。

 

 

 

 

 

そして、多くの中学生は部活をしていたり運動量も多いので、そもそも消費エネルギーが高いところに、部活でもっと体を動かしてエネルギーを消費するので、余計に痩せてしまうというわけです。

 

解決策としては消費エネルギーを超える量のエネルギーを摂取すれば良いわけなんですが、これがわりと大変なのです。

 

私がそうだったのですが、部活が終わって帰り、ご飯が用意されていたとしても、部活で結構疲れているので食欲わかない人も多くいると思うんですよね。

 

2〜3時間経てば食欲も湧くんですが、その前に疲れて眠くなるという。。。

 

『ご飯いらない』といって寝てしまうことも結構ありました。

 

 

 

 

それに加え、(学校によるとは思いますが)早弁禁止みたいなのがあって、昼休み以外になんか食べてると怒られたりして、間食など食事回数を増やそうにも難しい部分があります。

 

さらには、基礎代謝量は身長が高いほど多くなるので、180cmあった私は年中ガリガリだったわけです。笑

 

 

 

また、これは中学生に限った話ではありませんが、ガリガリな人は胃腸が弱い傾向があり、食べてもすぐに食欲不信や胃もたれになってしまいがちです。

 

つまり、食べる量も少なくなりがちですし、食べても栄養の吸収の効率が悪いので、食べても痩せてしまうというわけ。

 

 

 

 

言ってしまえば、ケーキを10個食べても1個分くらいしか食べたことになっていないんですよ。残り9個分は、吸収できずにただ体の中を通って排出されてくわけです。

 

なので、まとめるとガリガリ中学生男子が太れない原因としては、

・基礎代謝が高く摂取エネルギーが消費エネルギーに追いついていないこと

・エネルギーの吸収効率が悪いため、食べても食べてもエネルギーを吸収できていないこと

 

この2点です。

 

 

 

 

 

中学生男子が体重を増やすには?

 

さて、では中学生男子が体重を増やすためには具体的にどうやっていけばいいのかを説明していきます。

 

結論としては、効率よく栄養を摂取するように食事を気をつけることです。

 

 

 

 

まず、中学生は体が成長段階にあるので、ガリガリだからといってお菓子や甘いものなど、栄養が偏った食事をとることはオススメしません。バランスの整った栄養価の高い食事をとるように心がけましょう。

 

その上で、先ほどお話ししたように『基礎代謝が高いこと』『吸収効率が悪いこと』を考慮して、食事を考える必要があります。

 

 

 

 

 

中学生男子が体重を増やすのにオススメな食事

 

消化がよく吸収効率の良いメニューとしては、『鍋』『煮込みもの』『和食』などがあります。

 

鍋や煮込み料理がオススメな理由は、野菜や肉など栄養豊富な食材が柔らかく煮込まれて調理されているので、栄養のバランスもよく、胃腸に優しく消化吸収性に優れているからです。

 

胃もたれも起こしにくく、量を食べても胃腸にあまり負担をかけないので、太りたい方にはうってつけ。

 

 

 

 

例えば、お相撲さんの食事といえば『ちゃんこ鍋』が思い浮かびますよね。

 

お相撲さんは毎日ハードな稽古で1日のエネルギー消費量が多いわけですが、その上で体重維持をしなければなりませんので、量を多く食べれて吸収効率も良い鍋を毎日食べているわけです。

 

なので、なんとなく『お相撲さん=ちゃんこ鍋』となっているのも、ちゃんと理にかなっているんですよ。

 

まあ、普通の方があれくらい太ろうと思うととんでもない量食べなければいけないんですけどね。笑

 

 

 

 

 

次に、『和食』がオススメな理由。

 

和食がオススメな理由は3つあります。

 

1、発酵食品が多いため

2、白米が主食となるため

3、栄養のバランスに優れているため

 

1つめに、日本食は発酵食品を多く摂取することができます。

発酵食品には食物酵素が含まれていて、これには消化を促進してくれる効果があります。

 

日本食では、ほとんどの料理に醤油、みりん、味噌、日本酒など発酵食品が使われていますので、食物酵素を摂取するにはもってこいです。納豆や味噌汁なども定番メニューですよね。

 

 

 

 

 

次に、白米が主食になるため。

 

白米は糖質が豊富であり、かつ胃腸にも優しいので太りたい方はご飯を多く食べると良いでしょう。

 

ダイエットをしている方が、よく白米を玄米に変えてみたり、白米を抜きダイエットをしているのをみますよね。このように、痩せたい方は糖質を制限すると良いですし、逆に太りたい方は白米を多く食べるようにすると効果があります。

 

 

 

 

 

最後に、和食は栄養バランスにとても優れています。

 

新鮮な旬の野菜を副菜としてとりますし、中華料理のように油の量を使いません。また、野菜や海藻など植物性の食品を多くとることができますし、大豆や魚など良質なタンパク質を摂取できます。

 

ちなみにですが、アメリカのベイラー医学大学のテリーザニクラス教授が、『ご飯を主食とした食生活と栄養摂取の関係性』を調べた研究を行なっていて、米を中心とした食生活は理想の栄養バランスを保ちやすいと結論付けています

 

→引用元はこちら(google books)

 

その他で、オススメな食品としては、食べ物でいうと、『バナナ、(半熟)卵、かぼちゃ、アボカド、納豆、チーズ、ココナッツオイル』などがあります。

 

また、飲み物でいうと、『牛乳、豆乳、野菜ジュース、スムージー』などを摂ると良いでしょう!

 

 

 

 

太りたいけど少食の方のために

上で太るための食事を紹介しましたが、『そもそもあんまり量を食べれないよ』という人もいると思います。

 

そういう方は、プロテインやサプリなどから栄養を補給するのも1つの手段です。基本的に、サプリメントやプロテインは、大人でも中学生でも同じものを飲んで問題ない場合がほとんどですので、ぜひ活用してみてください。

 

 

 

プロテインはタンパク質(アミノ酸)を豊富に含んでいて、これは筋肉の材料となるので、痩せすぎの人でも筋肉をつきやすくしてくれます。

 

また、タンパク質は体の組織合成をするために、毎日消費されているので、3大栄養素の中ではもっとも不足しがちになります。

 

なので、プロテインによって十分にタンパク質を補給することで、体の調子を整えルコともでき、さらには胃腸の働きも正常に保ってくれます。

 

 

 

 

Recommended

食べても食べても太れない悩みを抱えている人のための最強の太るサプリ!


プルエル

確実に太りたい人には、デブエット挑戦者に大人気の太りたい人専用のサプリ「プルエル」を活用すべき。

『プルエル』のメリットは、胃腸での消化吸収力を高めてくれる消化酵素が7種類も配合されている点。

痩せ型体型の人は、食べたものを消化し栄養を吸収する力が弱い傾向にあるため、食べても食べても太れない体質なのです。

プルエルは、その先天的な消化吸収力の弱さを補ってくれます。

また、プルエルは、胃腸の働きの土台ともなる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整えてくれる「和漢成分」を含んでいて、太りやすいカラダを作ってくれます。

その上、国産であり無添加なので、安全性が抜群です。  

さらには、錠剤タイプなので簡単に摂取しやすく、摂取量も1日3錠なので簡単に摂取しやすく手軽に続けやすいというメリットもあります。

「プルエル」には、7種の消化酵素が含まれており、痩せ型体質の人の消化吸収力をアップさせてくれ、太りやすい体質づくりに効果を発揮してくれます。  

また、定期購入の○ヶ月縛りなどがなく、いつでもすぐに休止・解約ができることもポイント!  

さらには、公式サイトからの購入に限られますが毎回20%〜25%OFFの価格で購入することができます。  

→「プルエル」の公式サイトはこちらをクリック

 

痩せすぎ中学生男子が体重を増やす方法まとめ

いかがでしたでしょうか?

今日話した内容をざっくりと箇条書きでまとめてみます。

 

1、中学生男子で痩せすぎている原因は主に2つ

・基礎代謝が高い

・胃腸が弱く栄養の吸収が悪い

 

2、太るのにおすすめな食事

・鍋や煮物→消化がよく胃腸に優しいので量を食べれる

・和食→栄養バランスがよく、白米が中心で、発酵食品が多い

 

3、少食で量が食べれない人は

プロテインやサプリメントで栄養を補うのがオススメ

 

 

ということで今日はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



↓簡単に太れるサプリはこちら!

プルエル
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事