ほうれん草は太る食べ物?ほうれん草と糖質や栄養価、カロリーを紹介!

 

TAKAHASHI
TAKAHASHI
こんにちは!TAKAHASHIです!

 

さて、今日の記事では『ほうれん草は太る食材なのか?』という疑問に対して、ほうれん草の栄養価や糖質、カロリーについて触れながら解説していきたいと思います。

 

ダイエット、もしくはデブエットで食事に力をいれている人のお役に立てれば幸いです。

 

さほど長い記事ではなく、サクッと頭に入れれる内容なのでぜひ最後まで目を通してみてください!

 

 

ほうれん草は栄養価が豊富で太る食べ物ってホント?

まず、ほうれん草は栄養価が非常に高い食材です。

 

Recommended

食べても食べても太れない悩みを抱えている人のための最強の太るサプリ!


プルエル

確実に太りたい人には、デブエット挑戦者に大人気の太りたい人専用のサプリ「プルエル」を活用すべき。

『プルエル』のメリットは、胃腸での消化吸収力を高めてくれる消化酵素が7種類も配合されている点。

痩せ型体型の人は、食べたものを消化し栄養を吸収する力が弱い傾向にあるため、食べても食べても太れない体質なのです。

プルエルは、その先天的な消化吸収力の弱さを補ってくれます。

また、プルエルは、胃腸の働きの土台ともなる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整えてくれる「和漢成分」を含んでいて、太りやすいカラダを作ってくれます。

その上、国産であり無添加なので、安全性が抜群です。  

さらには、錠剤タイプなので簡単に摂取しやすく、摂取量も1日3錠なので簡単に摂取しやすく手軽に続けやすいというメリットもあります。

「プルエル」には、7種の消化酵素が含まれており、痩せ型体質の人の消化吸収力をアップさせてくれ、太りやすい体質づくりに効果を発揮してくれます。  

また、定期購入の○ヶ月縛りなどがなく、いつでもすぐに休止・解約ができることもポイント!  

さらには、公式サイトからの購入に限られますが毎回20%〜25%OFFの価格で購入することができます。  

→「プルエル」の公式サイトはこちらをクリック

ほうれん草には、ミネラル、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅などが多く含まれていて、

 

その上ビタミンA、B1、B2、B6、ビタミンE、ビタミンC、葉酸も含まれています。

 

いやぁ、もう何がなにかわからないほど栄養がたっぷり。笑

 

鉄と葉酸が多く含まれているので、赤ちゃん(妊婦さんや授乳中の方)に良さそうな感じもしますね。

 

 

 

で、この通り栄養価が高い食材ではあるわけですが、だからと言って太る食材ではありません。

 

むしろ、すごく低カロリーかつ低糖質の食材です。

 

 

 

 

ここからは私の推測ですが、ほうれん草自体は低カロリーなものの、調理の過程でカロリーの高い料理へと変わってくるからじゃないかなと思います。

 

おひたし等はともかく、ベーコンや卵と一緒に炒めたりしますし、ほうれん草にはシュウ酸(苦味)があるので、それを消すためにどうしても濃い味付けになってしまうのでは無いかなと。

 

 

 

ベーコンは100gあたり405kcalですし、卵も1つあたり約150kcalあるので、これらが入っていれば当然料理自体のカロリーは高くなります。

 

と、色々推測してみましたが、ともかく、ほうれん草自体は低糖質、低カロリー食材なので太る食材ではありません。

 

 

 

ほうれん草の糖質量とカロリーについて

先ほどお話ししたように、ほうれん草自体は非常に低カロリーかつ低糖質な食材です。では、ほうれん草の糖質量と、カロリーは具体的にどのくらいかということですよね。

 

まず、糖質でいうと、ほうれん草にはおどろくことに100gあたり0.3gしか含まれておりません。ちなみに、春菊もほとんど同じ数値になります。

 

 

 

 

 

次にカロリーですが、1茎あたり6kcalしかなく、スーパーで売っている状態(1束:200g)あたりで見ても36kcalしかありません。

 

大根が100gあたり18kcalなので、大根と同じくらいだと考えてもらえれば、ほとんどカロリーが無いことがご理解いただけるかと思います。

 

この数値を見てもわかる通り、ほうれん草は低カロリーで低糖質の食材だということができます。

 

 

 

 

しかし、上でも申し上げた通り、調理の過程でバターやベーコン、卵などをいれたり、

 

カロリーの高い料理に用いられることが多く、その苦味を消すために味付けも濃くなりがちなので、減量中の方などは調理の仕方に注意して摂取しましょう。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

栄養はたっぷりなのに、糖質やカロリーはほとんどないなんてちょっと以外ですよね。でも、減量中の方には夢のような食材なんじゃないかと思います。

 

 

 

 

最後にほうれん草を食べる時の注意点を記載しておくと、ほうれん草は素敵な食材ですが、苦みを出しているシュウ酸をしっかり抜かずに大量に食べてしまうと、尿管結石など病気の原因になると言われていますので、食べる際は注意してくださいね。

 

 

 

ということで今日はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう!



↓簡単に太れるサプリはこちら!

プルエル
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事