なぜか足だけ細い原因とは?脚が細い人の特徴と足に脂肪をつける方法!

TAKAHASHI
TAKAHASHI
こんにちは!TAKAHASHIです!

 

この記事は、上半身は太っているのに、足だけ痩せている悩みを抱えた人に向けて書いています。

 

足だけ細い状態になる原因と脚が細い人の特徴について取り上げ、そのあとに、足に脂肪をつける方法について解説していきます。

 

 

 

太ってるのに足だけ細い体型になる原因と脚が細い人の特徴

 

足だけ細い体型になってしまう原因

太っているのに足だけ細い体型になる原因は、体質と内臓脂肪です。

 

まず、体質についてですが、人によって脂肪のつきやすい部位は異なります。例えば下半身だけ太りやすい体質で、上半身はなかなか脂肪がつかない人もいますし、その逆も存在します。

 

 

 

また、住んでいる場所によっても都会ですと主な交通手段が電車になりますので、電車の駅まで10分歩くなど、ある程度下半身を使いますが、都会から離れている人は車やバイクなどで移動するケースが多いので、下半身の筋肉が弱くなり衰えて余計に細くなってしまう原因になっています。

 

私も地方出身なのですが、地方だとほとんど車で出かけることが多いので、あまり歩いたり走ったりと足の筋肉を使わないので、意識的にウォーキングするなどして足の筋肉を使うようにしています。長期入院したことがある人はわかると思うんですが、使わない筋肉は衰えていくので、やせ細らないために適度に運動した方が良いです。

 

 

 

 

あと、原因となる体質としては胃下垂があげられるでしょう。

胃下垂とは、読んで字のごとく臓器が正常な位置を保てず胃が下に垂れている状態のことです。

 

病気というわけではないのですが、胃がその下にある腸を圧迫する形になっているので、栄養吸収がうまくできず痩せ型体型になりやすい傾向があります。これは、上半身下半身問わず太りにくいケースになります。

 

 

また、お腹周りだけぷっくりと太っていて、足だけ細い人に関しては、内臓脂肪が原因としてあげられます。

 

お腹が太る理由としては、皮下脂肪が多いという理由だけでなく、その下にいろんな臓器が入ってますので、その内臓に脂肪がつくことでお腹周りだけ太っている状態になるのです。

 

特に男性は、下半身に脂肪がつきにくく痩せている人が多い一方で、お腹周りに脂肪がつきやすい性質があります。

 

 

 

脚が細い人の特徴:男性と女性で比較

男女で比較すると、脚の細い人は男性の方に多いという特徴があります。

 

対して、脚やせをすべくダイエットに励む女性が多いのをみてもわかりますが、男性に比べて女性は下半身が太りやすいという性質があります。

 

これにはレセプターというものが関係していて、これにより女性は上半身よりも下半身、お尻から脚にかけて脂肪がつきやすいようにできています。

 

 

 

脂肪は約400億個の脂肪細胞からできているのですが、脂肪はずっとつきっぱなしというわけではなく、貯蓄・放出を繰り返すことで古いものと新しいものを入れ替えています。

 

この脂肪の貯蓄と放出をコントロールするものがレセプターで、男女問わず全員備えています。

 

 

(ちなみに、脂肪を貯蓄する役割を担っているのが脂肪貯蓄レセプターで、放出する役割を脂肪放出レセプターが担っています。)

 

 

 

 

脂肪放出レセプターの数の方が多ければ”脂肪がつきにくい”となり、脂肪貯蓄レセプターが多ければ”脂肪がつきやすい”となります。

 

女性の下半身が太りやすい理由は、脂肪放出レセプターの数に対して脂肪貯蓄レセプターの方が多いことが原因となっているわけです。

 

男性はどうかと言うと、脚に脂肪がつきにくく痩せている傾向にある一方で、お腹周りには脂肪がつきやすい傾向があります。

 

歳を重ねて脂肪がつきやすくなってくると、お腹周りから脂肪が付いてくる男性が多いですが、それにはこういう理由もあるのです。

 

 

 

足に脂肪をつけるために効果的な方法

まず、手、足、胸などピンポイントの部位に脂肪をつけることは難しいです。というのも、性別によって、また人によって太りやすい部位が異なるからです。

 

以前の私は腕に脂肪をつけて太くしたいなと考えていたのですが、食べても食べても胴回りと、顔だけぷっくりとなってしまって、足や腕にはほとんど脂肪がつかなかったんです。私男ですので。

 

そこで私が何をしたかというと、結論としては『筋トレを行うこと』です。筋トレを行うことで筋肉をつけた結果、ある程度太い二の腕を手に入れることができました。

 

 

 

脂肪は意図的につけることはできませんが、筋トレは可能です。

 

筋トレで筋肉が大きくなる原理としては、例えば腕の筋トレを行うと腕の筋肉が傷つきます。それを修復するために、体が栄養を腕の筋肉に送って、筋肉を修復・増強します。これを繰り返すことで、腕の筋肉が増えてくるのです。

 

これは、足を太くしたい人にも同じことが言えますので、足を太くしたい人も筋トレによって太くしていく必要があります。

 

 

 

筋トレの方法としては、短時間かつ高強度のトレーニングを行いましょう。ランニングや水泳など低負荷で長時間のトレーニングは体を大きくしたい人には向いていません。

 

短時間かつ高強度の足のトレーニングとしては、例えばジムでマシンを使ったものでいうと、レッグエクステンション、ヒップアダクター、レッグプレスなどがあります。

 

 

 

 

これらのトレーニングは、重りの調節ができることがポイントです。

 

高強度で短時間のトレーニングは10回3セットをギリギリこなせるくらいの重量で行うのが望ましいので、自分の筋力に合わせて重りを調整しましょう。

 

 

補足ですが、筋肉を鍛えても、修復するための栄養が足りていなければかえって痩せてしまうので、プロテインなどで十分に栄養をとるようにしてください。

 

 

1、レッグプレス

 

レッグプレスはスクワットと同じ効果が得られ、自分の筋力に合わせて自在に負荷が変更できるのでオススメです。太ももを太くしたい人はぜひ取り入れましょう。

 

 

 

2、レッグエクステンション

 

次にレッグエクステンションです。

こちらは、前側の太ももを鍛える用途に適しています。

 

 

3、ヒップアダクター

最後にヒップアダクター。

こちらは、内ももを鍛えるためのマシンとしてオススメです。

 

Recommended

食べても食べても太れない悩みを抱えている人のための最強の太るサプリ!


プルエル

確実に太りたい人には、デブエット挑戦者に大人気の太りたい人専用のサプリ「プルエル」を活用すべき。

『プルエル』のメリットは、胃腸での消化吸収力を高めてくれる消化酵素が7種類も配合されている点。

痩せ型体型の人は、食べたものを消化し栄養を吸収する力が弱い傾向にあるため、食べても食べても太れない体質なのです。

プルエルは、その先天的な消化吸収力の弱さを補ってくれます。

また、プルエルは、胃腸の働きの土台ともなる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整えてくれる「和漢成分」を含んでいて、太りやすいカラダを作ってくれます。

その上、国産であり無添加なので、安全性が抜群です。  

さらには、錠剤タイプなので簡単に摂取しやすく、摂取量も1日3錠なので簡単に摂取しやすく手軽に続けやすいというメリットもあります。

「プルエル」には、7種の消化酵素が含まれており、痩せ型体質の人の消化吸収力をアップさせてくれ、太りやすい体質づくりに効果を発揮してくれます。  

また、定期購入の○ヶ月縛りなどがなく、いつでもすぐに休止・解約ができることもポイント!  

さらには、公式サイトからの購入に限られますが毎回20%〜25%OFFの価格で購入することができます。  

→「プルエル」の公式サイトはこちらをクリック

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今日は下半身痩せに悩む人に向けて書いてみました!

 

他の記事でも、痩せ型体型に悩む人に向けて記事を書いていますので、お時間あれば読んでみてください。



↓簡単に太れるサプリはこちら!

プルエル
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事