痩せ型の体質を改善する方法と、脂肪をつけるための食事のしかた!

 

TAKAHASHI
TAKAHASHI
こんにちは!TAKAHASHIです!

 

この記事では、痩せ型体型の原因と言われる体質とその改善方法をお伝えして、その上で脂肪をたっぷりつけるための食事について解説していきます。

 

内容としては結構シンプルで簡単に実践できるものになってますので、ぜひ最後まで読んでみてください!

 

ガリガリの理由は体質?痩せ型の体質を改善する方法とは?

ガリガリ、痩せ型体型の原因となっている体質はいくつかありますので、それぞれ紹介した上で、痩せ型体質の改善方法を書いていきたいと思います。

 

拒食症等の病気にカテゴライズされるものは、この記事ではとりあえずおいといて『人間が先天的に持っている機能の身体的ないし精神的反応傾向』が痩せ型体型の原因となっているケースに特化して書いていきます。

 

 

 

1、胃下垂が原因で栄養がうまく吸収できない

胃下垂の人は痩せているとよく言われますが、私も胃下垂で太っている人を見たことがありません。

 

胃下垂とは、胃が下に垂れているだけなので、特に病気ということではなく治療の必要はないものなんですが、臓器が正常な位置を保てず胃が下に垂れるということは、腸が圧迫されるため、栄養をうまく吸収することができません。

 

 

 

 

胃下垂の改善方法としては以下の通りです。

 

・暴飲暴食を避ける

・過労・ストレスを避ける

Recommended

食べても食べても太れない悩みを抱えている人のための最強の太るサプリ!


プルエル

確実に太りたい人には、デブエット挑戦者に大人気の太りたい人専用のサプリ「プルエル」を活用すべき。

『プルエル』のメリットは、胃腸での消化吸収力を高めてくれる消化酵素が7種類も配合されている点。

痩せ型体型の人は、食べたものを消化し栄養を吸収する力が弱い傾向にあるため、食べても食べても太れない体質なのです。

プルエルは、その先天的な消化吸収力の弱さを補ってくれます。

また、プルエルは、胃腸の働きの土台ともなる「アミノ酸」や、胃腸の調子を整えてくれる「和漢成分」を含んでいて、太りやすいカラダを作ってくれます。

その上、国産であり無添加なので、安全性が抜群です。  

さらには、錠剤タイプなので簡単に摂取しやすく、摂取量も1日3錠なので簡単に摂取しやすく手軽に続けやすいというメリットもあります。

「プルエル」には、7種の消化酵素が含まれており、痩せ型体質の人の消化吸収力をアップさせてくれ、太りやすい体質づくりに効果を発揮してくれます。  

また、定期購入の○ヶ月縛りなどがなく、いつでもすぐに休止・解約ができることもポイント!  

さらには、公式サイトからの購入に限られますが毎回20%〜25%OFFの価格で購入することができます。  

→「プルエル」の公式サイトはこちらをクリック

・腹筋を鍛える

・バランスのとれた食事をとる

・過度に温かいものも冷たいものも避ける

・食事を少量に分けて複数回とるようにする

 

 

 

 

2、生まれつき胃腸が弱い

これ私のケースなのですが、小さい頃から胃腸が弱く、今でも気をつけないとすぐにお腹を壊します、今も。

 

食べたものは、消化される過程で体内に吸収されていきますので、小さい頃から胃腸が弱い人などは、胃腸が弱いためにうまく栄養吸収が行えず、痩せ型になりやすい傾向があります。

 

 

 

消化吸収能力が低いと、下痢などの原因になるだけでなく、アミノ酸が吸収されなければ筋肉量が減少するだけでなく、傷の治りも遅くなったりします。

 

また、脂肪が吸収されないと脂肪が欠乏するだけでなく、ビタミンA、ビタミンDなども不足した状態となってしまいます。

 

改善方法としては、特に以下の4つに気をつけましょう。ただあくまで、負担をかけないようにするだけですので、継続していないと意味がありません。

 

・朝食をとること

・バランスよく栄養を摂取すること

・消化に良いものを食べること

・よく噛んで食べること

 

 

 

脂肪をつけるための食事とは?

ここからは、脂肪をつけるための食事についてお話していきますが、脂肪をつけるためにはただひたすらに食べればいいというわけではありません。

 

自分はどのくらいのカロリーを摂取することが必要か?

自分はどの栄養素をどれくらい摂取すべきなのか?

 

これをしっかりと決めてから取り掛かる必要があります。

 

 

 

 

まず、摂取すべきカロリー量についてですが、人間は1日何もしてなくても消費されるカロリー量が存在します。これを基礎代謝と呼びます。

 

内臓を動かすのにもエネルギーを消費しますので、太りたいのであれば、この基礎代謝以上のカロリーを摂取していないと脂肪はつきません。

 

基礎代謝は以下のサイトで簡単に求められます。

基礎代謝量計算サイト(カシオ)

 

 

 

 

仮に基礎代謝が2000kcalだった場合、最低限2000kcal以上を摂取するのはもちろんのこと、太るためにはプラス500kcalを摂取することが求められます。

 

これを覚えておいて、毎日摂取したカロリーを記録していきましょう。

 

 

 

 

 

これは家計簿みたいなものでして、お金も記録をして収支計算をしなければ使いすぎちゃうことあるじゃないですか。

 

痩せているのにも同じことが言えて、入ってくるカロリーより消費するカロリーが多いと一向に貯蓄(脂肪)は増えないわけなんですよ。

 

だから、『毎日これだけ使ったんだから、これだけ栄養を入れてあげないと!』という風に記録していくことで収支のマイナスを避けることができるわけです。

 

 

 

 

今だと、外食に行ってもカロリー表記をしているお店は多いですし、家で何かを作る場合もよく作るものを『豚汁 カロリー』『カレー カロリー』と調べて、表にまとめておくと記録が楽になります。

 

太る食べ物に関しましては、こちらの記事にまとめているので、こちらを参考にしていただけますと幸いです!

 

参考:簡単に太る食べ物とは?食事で太る方法と短期間で太る食べ物を公開!

 

 

 

 

そして最後に補足をしておくと、この記事をここまで読んでいただいた方の中には、『脂肪だけをつけて太りたい』と考えている方もいると思うのですが、できれば筋トレもやったほうがいいと思います。

 

というのも、人によって脂肪のつきやすい部位があるからなんですよね。私の場合、一番二の腕に脂肪をつけたくて、太ももや下っ腹はそこまで太りたくはなかったんですけど、

 

脂肪だけつけようとした結果、『腕はガリガリの下っ腹ボンバー』という体型になってしまった経験があります。

 

神様のいたずらでしょうか。笑

極端に言えば、ワンピースの黒ひげみたいな体型になってしまったのですよ。

 

 

 

筋トレは、腕を鍛えれば腕の筋肉が補強されることで太くなり、胸を鍛えれば胸が厚くなるといった具合に、ある程度太くしたいところをコントロールできたので、綺麗に太りたいなら筋トレもやったほうがいいと思います。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今日のまとめを簡単に書いておきます!

 

・もともと胃腸の弱い人は栄養の吸収が遅いことがある。

・太るためにはカロリー記録が重要。

・太るためには基礎代謝量+500kcalを食べる必要がある

 

ということで今日はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!



↓簡単に太れるサプリはこちら!

プルエル
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事